トップページ > レンジャーロープについて > 端末処理方法の進化について

アカジカはキャシュレス消費者還元事業加盟店事業者です

団体様お見積り方法

団体様お見積り方法

キャンペーン

LINE@

商品カテゴリ

安全靴とは?

よくある質問

取引実績

サミットからアカジカへ

店長日記

赤い字が休業日です。
ご注文・お問い合わせは
24時間受付OK!
翌営業日より順次対応致します。


還暦退職プレゼント祝い似顔絵はこちら

   

端末処理方法の進化について

アカジカのロープは販売開始以来、1本1本職人が丁寧に処理をしたものを提供させて頂いております。
このたび母体運営会社を法人化するにあたり、お客様のニーズと当店の研究開発と技術向上の成果から、従来の端末処理方法3種を見直し、4種の端末処理作業でお客様のご要望に細かにお応えする運びとなりました。

以下、ロープの端末処理方法についてご説明いたします。

従来の端末処理方法は3種類

  • 簡易処理(両側)
  • 精巧処理(片側)
  • 精巧処理(両側)
    更に1種類を追加
  • 処理なし

【簡易処理】

従来は、処理コストを抑えるため、ロープ切断時の切断面にのみに熱を加えて端末処理をしていましたが、切断面にのみ熱加工処理するだけですと端末の解れや破損が発生しやすい欠点があったため、3年程前から切断面の側面にも約1~1.5cmの幅で熱処理を加え強度の問題に対処して参りました。
精巧端末よりも強度は劣りますが、熱加工時の端末の広がりを極力抑えた独自の製法により、そのまま使えることを前提としたクオリティーを確保していますので、即使用も可能です。

 
発売当初の簡易端末処理


現在の簡易端末処理

 

【精巧処理】

精巧端末処理は、端末処理をカット面だけではなく、ロープの側面のビニールテープの下になる部分にまで処理しており、不意の踏みつけや打ち付けなどによる割れ等に対する強度を十分保つと同時に、ロープ径とビニールテープを巻いた部分の段差を極少に抑えることによりスピードが要求される結索において、ロープ本体が原因による端末の引っ掛かりを限りなく抑えるように処理を施したロープです。

発売当初の精巧端末処理の状況

 


現在の精巧処理は、熱処理によって端末が変色しないよう製法技術を向上させております。

 

簡易端末処理との見分け方は、テープ部分よりロープ自体の端末が2~3mm露出しているところです。この露出も研究の結果による処理で、スピード結索に一役買っている大切な部分です。

 

【精巧処理(片側)】

片方の端末を精巧に処理し、一方を簡易端末処理しております。
ロープの長さを概算で決めて購入される方で、長さ調整側の端末はご自身で処理をされたい場合にお薦めするロープです。
切らずに使っても両端の端末処理が滑らかに形成されていますので、両端の形が異なることによっていつもお使いになるロープの方向が判別し易い長所があります。

テープ部分より端末が2~3mm露出していて、テープの巻き終わりが端末側にあるのが精巧端末処理の特徴です。この露出も研究の結果による処理で、スピード結索に一役買っている大切な部分です。

発売当初の片側精巧処理

ロープ端末の精巧処理と簡易処理との見分け方は、注意してみるとテープ自体の巻き方と処理の方法が違う特徴で見分けられます。

 

新規追加【処理なし】

端末処理技術ならびに製法の研究開発により、従来は処理コストを抑えるため切断面のみに熱を加えて端末処理をしてた簡易端末処理を処理なしという扱いにして、価格で500円(税込)値下げ致しました。

従来の簡易処理


形成技術を向上させ綺麗な処理が可能となりました。

強度的には、現在の簡易処理には及びませんがそのままお使いいただくことも可能です。
ご自身でこだわりを持って端末処理される方にお勧めの処理方法です。

 

【市販のロープカッターでカットした断面例】

市販のロープカッターでロープを切断すると切断面の熱処理はされますが、切り口が熱によって開いたり変色または焦げるような場合が多々ございます。
簡単に切断できるようで処理に手間がかかるのが現状ではないでしょうか?

訓練そして一刻を争う人命救助にベストな形で臨んでいただけるよう、美しく強く滑らかな端末処理を皆様にご提供し続けます。

IMG_0828 IMG_0829

 このカット面から見ても、アカジカのロープ端末処理のクオリティーの高さがご理解いただけると思います。

ページの先頭へ戻る