トップページ > アカジカについて > ごあいさつ

アカジカについて

団体様お見積り方法

団体様お見積り方法

キャンペーン

LINE@

商品カテゴリ

安全靴とは?

よくある質問

取引実績

サミットからアカジカへ

営業日カレンダー

赤い字が休業日です。
ご注文・お問い合わせは
24時間受付OK!
翌営業日より順次対応致します。


還暦退職プレゼント祝い似顔絵はこちら

ごあいさつ

命を守るたった一本のロープから
助ける人と助けを求める人をつなぎ備えの大切さを社会に伝えます

2009年2月に開業して以来、皆様のご愛顧により運営して参りました当ショップをこのたび法人化する運びとなりました。これもひとえに皆さまのご指導とお引き立ての賜物と心より感謝申し上げます。

今まで助けられる側の目線から助ける側の皆様のお力になりたいと、消防士の妻であり障害者の母である鹿子澤睦子が代表として皆さまのニーズにお応えして参りましたが、組織を法人化するにあたり消防士として33年の各種災害現場を経験した鹿子澤浩美が早期退職し代表となって、皆さまからより多くの現場の声をいただきサービスに活かして参ります。

命をかけて災害現場で働く者のニーズが伝わる販売者として、また、助ける人と助けられる人をつなぐことができる意義ある一人として、皆様の声にいつも耳を傾けて参ります。

過酷なタイムレースである救助技術大会の好成績獲得に青春をかける若き消防士の皆さんがこだわり続けるコンマ一秒を争う世界は、過酷な災害現場で自分自身を守ることだけではなく、救える命を確実に救い切るために不可欠な経験であると確信しております。

また、救助のプロが使うロープや各種資器材を一般の人たちの誰もが信頼して使える災害時の救援物資や資機材、非常時に携行できるグッズにフィードバックする研究開発にも力を注いで参ります。

助ける人も助けを求める人も先ずは、自分自身を自分で守る。
)安全は、()簡単に、()迅速に、()確実に手に入れなければなりません。

そのお手伝いができるショップとしていつまでも売り手本位ではなく使い手目線の商品を提供し続け、広くは、防災や減災の仕組み作りにも寄与していきたいと考えております。

如何なる時もしく、しく、果が追求できるような心の余裕を持てる人間を目指します。

代表 鹿子澤 浩美

ページの先頭へ戻る